低資金でも新規開業するなら|コンサルティング会社を活用しよう

飛行機とカバン

新たな未来顧客の創造

インバウンドビジネスを日本で成功させる為には、言語の違い文化の違いを理解したうえでビジネスを行わなければなりません。日本はおもてなしを具現化することがインバウンドビジネスを成功させる為に必要となります。

アメニティグッズ

施設に置きたい便利用品

アメニティグッズは、多くの施設で利用されている用品です。これを仕入れるには、専門に扱う通販から購入すれば、幅広い商品選びができます。アメニティグッズにかかる費用は、基本的に安い単価で設定されているため、大量購入しても大きな負担にはなりません。

スピード経営の方法とは

女の人

新規にレストランなどを開業する人にとっては、賃貸店舗の敷金や礼金に加えて、内装工事費や運転資金を確保するのが大きな課題です。公的な融資も含めて低金利でお金を借り入れる方法もありますが、低資金で開業可能なプランを考えることが、より一層重要です。とりわけ飲食店の開業を希望する人の間で注目されているのは、居抜き物件を活用して、低コストでスピード出店する手法です。500万円未満の低資金で新規出店できるのが一番の魅力ですが、設備がそのまま使えるために、入居直後から営業できるメリットも大きいです。そのために居抜き物件を専門に取り扱う不動産会社を訪れて、低資金でオープンできる賃貸店舗を探したり、中古厨房機器も活用するのが流行です。一方でフードビジネスと並んで、独立開業で人気が高まっている業種は、学習塾や英会話スクールなどの各種教室です。そして新規に賃貸物件に入居して生徒を募集するのではなくて、企業買収の手法を使って営業権を購入するのが、人気の独立開業のスタイルです。すでに生徒のいる学習塾などを買収すると、早期に授業料収入を確保して、経営を軌道に乗せることができるのが魅力的です。しかも安定した収益が確保できるために、低資金で独立することも可能であり、経営上のリスクも小さいために安心です。企業買収のサポートを行うコンサルタントを活用して、綿密に計画を立てて行動するのが、ビジネスを成功させるテクニックです。

ウーマン

巨大市場となった国

インドネシアの人口と経済成長は右肩上がりで推移しています。インドネシアに進出している日本企業は多く、今や生産拠点としてだけでなく巨大市場として捉えられています。進出するときは現地のコンサルティング会社にコンサルタントを依頼するのが一般的な方法です。