低資金でも新規開業するなら|コンサルティング会社を活用しよう

巨大市場となった国

ウーマン

止まらない経済成長

日本の約5倍の面積があるインドネシアは、アメリカに次いで人口順位世界第4位となっています。年5%以上の経済成長が見られることにも目を見張りますが、人口の半分が20代以下という点においてもインドネシア市場の未来が明るいことが予想できます。これまで日本企業にとってインドネシアは生産拠点としてしか使われていませんでしたが、良好な経済成長や人口などを見ると、日本の商品やサービスを売らないのはもったいないことだと感じる企業が増えたのでしょう。2010年には日本企業約1千社がインドネシアに進出しており、2015年には約1千7百社が進出しています。現在も進出する企業は小売と製造業中心に増加中です。インドネシアへ進出する際は、現地企業にコンサルティングを頼むのが一般的です。一足先に進出している大企業などは現地の企業と手を組み既に構築済みのネットワークを使ったり、人脈を借りて現地の商習慣を把握してビジネスのベースを築いたりして成功させていきました。現地の経済状況はもとより、文化も理解することがインドネシアに合ったビジネスを提供できるポイントとなり、ビジネス成功の秘訣です。コンサルティング会社に頼めばビジネスパートナーを探してくれることはもちろん、市場調査を行ってくれたり講師を派遣した社内研修を開いてくれたりと、様々な面でサポートしてくれます。コンサルティング会社にはインドネシアに特化した所もあればアジア全域コンサルタントを担う所もあります。そしてそれぞれ強みを持っている場合がありますので、自分の企業に合ったコンサルティング会社を探すといいでしょう。