低資金でも新規開業するなら|コンサルティング会社を活用しよう

新たな未来顧客の創造

飛行機とカバン

リピートさせる日本の魅力

外国の方の訪日の人数も年々増加傾向になっており、2016年においては2,400万人を超える推移で現在に至ります。それだけ日本が魅力ある国という解釈ができますが、このインバウンドをビジネスチャンスと捉えている企業も多くあります。飲食やアパレルはもちろんですが、一度利用して頂いた訪日外国人にまた来たいと感じて頂く為のサービスを考案しなければいけません。まず、サービスの1つとして、必要なものが言語に対する対策です。訪日外国人も言葉が通じることにより感動が生まれると思います。全ての言語に対しての対策も難しいですが、この部分で対応できる企業と対応できない企業があったとしたら、言葉が通じる会社が選ばれると思います。これが王道の戦略でもあり、やり切った企業の信頼や知名度も上がります。更に言語の問題に対応できた後は文化の違いに対しての対応も考えていかなければなりません。例えば手を挙げて挨拶することが相手を侮辱する行為になってしまったり、チップを渡す習慣であったり、国ごとで様々な違いがあります。この文化、慣習を私たちが理解し、対応できるようではないとインバウンドビジネスも成り立ちません。2020年には東京オリンピックも予定しており、この時期には更にインバウンドに対する意識も高まると思います。日本の魅力は何よりもおもてなしの気持ちです。言語や文化に対してもおもてなしの気持ちを持ち、対応することがインバウンドビジネスの成功のカギにもなり、日本の魅力に繋がります。